試合を支配して0-1で負ける

ボール支配率、シュート数、パス数ランキングなど、相手を上回るパフォーマンスを見せておきながら結果負けると言うのが最近の徳島。失点するまではとても良い試合運びをしていたが失点してからは相手に余裕と落ち着きが生まれた上、引いて守り始めたのでゴールを割るのがさらに厳しくなった。

徳島はガムシャラになって攻め立てたが、それが逆にカウンターの反撃の隙を相手に与え、失点しかけたりもした。

チャンスも多かったが、あれを全てキッチリ決めれてるチームなら今頃順位は首位だろう。今の順位を見ると歯がゆい思いをするがチームを信じて辛抱する以外に道は無い。



攻めの時間が長い。

徳島のサッカーはシュートまでのプロセスがとても長い。そしてマンネリ化する傾向がある。そのマンネリ化した時間で防御に隙が生まれ、決定的なカウンターを受けたりしている。

長い攻撃のプロセスで得たチャンスもモノに出来ないのが苦しい所。守備が悪く失点したとしても失点以上の追加点があれば勝てるのだが、現状1点すらままならない。