0-1でアウェイの徳島が勝利

6試合ぶりに勝利をして連勝を狙う徳島に対して水戸は3連敗と悪い雰囲気が漂う一方でいい加減そろそろ勝つだろうと言う雰囲気も感じられた。



前半の最後で岩尾選手が肩を負傷する

岩尾選手はチームの心臓とも言える存在でとても重要な役割をしており、勝敗に大きく影響してくる。岩尾選手不在で大丈夫なのか?と言うのも束の間、後半早々山崎選手が先制ゴールを決める。

やはり岩尾選手不在は大きく、たちまちボールは水戸に支配されてしまう。

水戸の前半はジエゴ選手や木村選手を中心に回っていたのだが後半は岸本選手を中心にボールが回るようになり多くのチャンスを作られたが徳島の守備がとても集中しており、1点を守りきった。

普段通りではなかったが勝てた

徳島の特徴はボールを支配し続けているのだが、この試合特に後半に限っては水戸が多くのボールを支配しており、いつもの徳島の戦い方ではなかったがそれでも勝てた。新しい勝ち方があると言うのはとても重要な事だと思う。

水戸の岸本選手

荒いプレイも目立ったが彼が多くのチャンスや決定機を作ってきたので、徳島側としては嫌な選手だった。