1-0で守り切る

引いて守りを固める京都に対し、高い位置で積極的にボールを奪いに行く徳島。シシーニョ選手がボールを奪ったりパス回しをしたり岩尾選手の様な役割をして大活躍。

大本選手がサイドから攻め立て小西選手の先制ゴールに結びついた。このゴールを境に京都は引くのはやめて前掛かりになって攻め始めたが、これこそ徳島が最も相手にやって欲しい戦い方であって、京都のゴール前にスペースが開きがちになった所を狙い始めた。追加点も狙えそうだったが相手のGKのファインセーブやDFの対応によって追加点は奪えなかった。

後半、狩野選手が怪我で離脱すると京都がにセカンドボールを拾われシュートさせる場面が多くなるが、前節と同様粘りのある守備をした徳島が1点を守りきり、徳島との相性が悪いとされる京都に勝利。3連勝となった。