0-0で引き分ける

金沢のカウンターが強く、個の力における突破力が凄かった。2枚のDFに挟まれながらシュートをしたり、DFの対応にあいながらも反転しながらのシュートをしたりとゴールへ蹴りこむ意識の強さが伺えた。

徳島は序盤は金沢セカンドボールを拾われたりしていたが、徐々に徳島側が拾えるようになると徳島にチャンスが巡ってくるようになった。だが、最後のフィニッシュの部分でパスを選択したり相手DFの対応にあったり、決定機においても枠外などと結局ゴールと言う結果に繋がらなかった。

徳島はボール支配すると言う狙い通り

しかし金沢はボール支配されるのが分かっているからカウンターをしかけると言う狙い通りと言った具合にお互いの狙いの攻防が見えた非常に見応えのある試合内容だったように思える。

怪我人が多い中での引き分け

人によって評価はまちまちだと思うが個人的には皆よくやったと思う。次は苦手とする松本戦ではあるが頑張って勝利して欲しい。