1-1で引き分ける

徳島は中央を固められると単調なパス回しをするだけでシュートまで持ち込めない。このマンネリした状況で前掛かりになった所を1本の裏に抜けるパスで簡単に先制されてしまった。

後半からDFの藤原選手をMFの前川選手に交代し、守備力を削って攻撃力に変えた。この変更から徳島にチャンスが生まれるようになり、折角PK獲得できてもバーに当たるなど、先日のカマタマーレ讃岐戦の様にポストやバーで終わってしまうのかと思っていた矢先、島屋選手の極上のミドルシュートで見事同点。その後も怒涛の攻めを見せ逆転のチャンスもあったが時間が足りずに終了となったが実に見応えのあるゲームだった。

リカルドロドリゲス監督も成長している事を感じた

昨年2試合とも負け、勝てる要素が少なかった松本に対し、逆転勝ちを期待できる程の内容だったのはとても頼もしく思える。監督の成長を感じ取る事が出来た。